産前産後の過酷さと疲労

産前はお腹が大きくなって足がむくみやすかったり、腰痛があったとしても夫のために毎日朝早く起きてお弁当を作り、朝ごはん夜ご飯も作っていましたわ。

週に1回のお休みの日だけお昼は外食ですがそれ以外は自炊をしていましたわ。出産当日の前日の夜も次の日のお弁当の準備を完璧にして寝ましたのに、夜中に陣痛があり入院しましたわ。

お弁当のおかずや買いだめしていたものが傷んでしまうので夫に近くに住む両親に食材を渡してほしいと言っても料理をすることのない夫は冷蔵庫の中のどの食材が日持ちしないのかする分からず、陣痛に耐える私に無神経にも食材どうするのかずっと聞いてきていて夫に怒ることが今思うと私のいきみ逃しになっていましたわ。

産後入院中は家事もしなくていいので快適だった分、退院後は恐怖でしたわ。実家が遠いということもあり、夫から立ち会いたいので里帰りしないでほしいと言われましたが心底、後悔しましたの。

まず料理の出来ない夫は私が寝ていると起こしにきてご飯作ってと言うし、家事全般出来ないということもあり、掃除すらどうやればいいのか聞いてくるので常にイライラ。

退院した翌日から夫のお弁当も作り、家事もして育児もしていたのでこんなにも何の役に立たない夫しかいないなら里帰りすればよかったと本当に思いましたわ。

当時はお金もなかったので思いつかなったけど、今ならこれに申し込みたいですわね⇒産後家事代行東京

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です