女性は誘導しましょう

私の主人ははTシャツとジーパンと冬用の上着しか持っていないですの。はっきり言います、センスはないですわ。

過去に私の母と会った時のこと、その時期は冬場だったのですが主人は上着を脱ぐと何故か半袖一枚しか着ていませんでした。これには私も母も絶句してしまいましたわ。ちなみに主人は中肉中背で、筋肉質でも何でもありませんのよ。彼曰く暑いからという事でした。これにはえらい恥をかきましたわ。

コーディネーターに選んでもらうこんなサービスもあるのね⇒普段着レンタル

まあ、主人は元々服に興味がない為、どうでも良いそうですの。

なので主人が服を欲しがった時は一緒に行くようにしていますの。その時は私も一緒に選ぶ様にしています。

彼は、試着するのが面倒だそうで、とりあえず羽織れる物を探す事が多いそうですが、主人の服選びの時はさりげなく自分の好みや、あまり同じものばかりにならないようにさりげなく誘導していますのよ。

そのやり方は誉める事です。主人に似合いそうな物があると、これが良い!!これすっごく似合うよ、かっこいいと言って誉めまくります。やや大げさかもしれませんが、ひたすら誉めます。すると気をよくしてくれるみたいで、これにすると決めてくれます。

何回かこの手を使った事はあります。主人はパーカーを好むのですが、私にまでそれを押し付けるのが嫌ですの。だってあれってダサいじゃありませんこと。

産前産後の過酷さと疲労

産前はお腹が大きくなって足がむくみやすかったり、腰痛があったとしても夫のために毎日朝早く起きてお弁当を作り、朝ごはん夜ご飯も作っていましたわ。

週に1回のお休みの日だけお昼は外食ですがそれ以外は自炊をしていましたわ。出産当日の前日の夜も次の日のお弁当の準備を完璧にして寝ましたのに、夜中に陣痛があり入院しましたわ。

お弁当のおかずや買いだめしていたものが傷んでしまうので夫に近くに住む両親に食材を渡してほしいと言っても料理をすることのない夫は冷蔵庫の中のどの食材が日持ちしないのかする分からず、陣痛に耐える私に無神経にも食材どうするのかずっと聞いてきていて夫に怒ることが今思うと私のいきみ逃しになっていましたわ。

産後入院中は家事もしなくていいので快適だった分、退院後は恐怖でしたわ。実家が遠いということもあり、夫から立ち会いたいので里帰りしないでほしいと言われましたが心底、後悔しましたの。

まず料理の出来ない夫は私が寝ていると起こしにきてご飯作ってと言うし、家事全般出来ないということもあり、掃除すらどうやればいいのか聞いてくるので常にイライラ。

退院した翌日から夫のお弁当も作り、家事もして育児もしていたのでこんなにも何の役に立たない夫しかいないなら里帰りすればよかったと本当に思いましたわ。

当時はお金もなかったので思いつかなったけど、今ならこれに申し込みたいですわね⇒産後家事代行東京

 

自己紹介をいたしますわ

私は、エリス。

このブログでは私の日々感じたことをお話しますわ。

ジャンル?そんなものはありませんのよ。

そうね、しいていえば私、「エリス」がジャンルかしら。

そう「エリス」ね。いいこと、ジャンルは「エリス」

私は、いま主婦ってものをしているわ。

そう、主婦だけ。だって私は、エリスだから。

なので、愛する夫がいますわ。エリスが愛する夫なので、エリス夫。

そのまんまですわね。いいですわ。

そんな夫と感じた日々をエリスの目線で綴っていきますわ。

お楽しみしていてください。ほっほっほっほ。